M's Trip Blog

旅行と語学の勉強

タイ プーケットでの移動に便利なGrabTaxi の利用方法

今回のプーケット滞在中の移動はすべてGrabを利用しました。

 

GrabはUberのような東南アジアの配車サービスです。

どこでも好きなところからタクシーを配車できて待ち時間もないので便利でしたのでおすすめです。

 

 

利用前に

事前にアプリをダウンロードして、クレジットカードなどの必要情報を入れておきます。

 

配車の流れ

Grabアプリにタクシーを呼びたい場所から、降りた場所を入力します。

Grabが近くで配車可能なタクシーを見つけて、お知らせしてくれます。

その際、何分で迎えに来れるか、大体料金はいくらかかるか、ということも提示してくれます。

タクシーがマッチングしたら、ドライバーさんとチャットができます。

プーケットのドライバーさんはあまり英語ができないようですが、タクシーの車番を送ってくれたり、こちらの説明がわからない場合、今いる場所の写真を送って!と提案してくれたり、意外と意志疎通できます!

無事にタクシーをみつけて、車に乗り込んだら、ドライバーさんがGrab内で「乗車」の状態にしてくれて、メーターをオンにしてくれます。

ドライバーさんが到着してから待たせるとキャンセルになってしまうみたいです。

 

ちなみにプーケットでは例外なくメータータクシーでした。

f:id:mmtrip:20190225080744j:image

英語が不自由でも、スマホの翻訳アプリなどをつかって、コミュニケーションをとろうとしてくれるドライバーさんもいました。

また、日本のタクシーのように、ドライバーさんの身分証明書?のようなものを貼り出していて、ちゃんとしてる印象でした。

目的地に到着したら、Grabで決済して終了です。

決済前にドライバーさんがちゃんと金額をみせてくれます。

ピックアップ料150THB+メーター料金で、最初に提示された予想金額内におさまってました。

お互い評価して終了です!

 

 

※一連の流れは旦那がやっていたので、抜けがあるかもしれませんが、だいたいこんな感じでした。

 

メリット

☑︎ぼったくられない

☑︎いちいち料金交渉をしなくてすむのでラク

☑︎アプリ内でクレジット決済するのでドライバーと直接お金のやりとりをしなくて済む

☑︎英語ができなくても大丈夫

 

デメリット

☑︎運転中にGrab の通知がくるみたいでやたらとスマホを見るドライバーさんがいるので、心配(事故らないかとヒヤヒヤ)

☑︎旅の醍醐味として料金交渉をするのが好きな人には不向きかな

 

 

Grabのメータータクシーは、プーケット国際空港の到着エリアには入れないみたいです。

 

私達が呼んだドライバーによると入ったら捕まるとのことで、空港のエリア外まで少し歩きました。

(空港までの送りは大丈夫でした!)

 

空港到着出口には、タクシーチケット売場がありましたので、白タクなどぼったくりタクシーがうろうろしないように管理されているようです。安心ですね。

何しろ7年前は、ぼったくりタクシーみたいなのがたくさんいて、高額をふっかけてきたり騙されそうな感じがすごかったものですからw

ちなみに7年前、空港→ホテルの移動の間にドライバーさんが勝手に謎のおすすめのお土産屋さんに立ち寄りました。。お断りしましたが。。

 

 

 

そんなわけでGrabはとても便利でした。

今度は東南アジアの別の国でも使ってみたいです!